2020年06月21日

【スロット入門書】# 22.仕込み & 回収 について


「賭け条件」をクリアできないのであれば
手っ取り早い「変換魔法」を使うのも正義 

ただし、まとめのテキストに記載された
「心得」を忘れず 常に向上心を持って挑め!




↓ タイムテーブル ↓

0:00:00 ~ 前置き~コメントに関して
0:04:00 ~ 概要紹介
0:16:52 ~ 手順解説
0:19:00 ~ 機種のバリエーションと特徴
0:31:24 ~ 実体化に最適なカジノ
0:35:34 ~ 最重要項目
0:39:52 ~ まとめ
0:47:24 ~ 例外機種の紹介
0:57:50 ~ 対象機種のヒント
0:59:55 ~ 実戦する方へのメッセージ
1:03:41 ~ 絶対負けない禁断の裏技 紹介
1:08:50 ~ 締め
1:10:04 ~ ザコの心談書

↓ PC版とモバイル版の併用…
という部分で一部 訂正があるので
こちらの動画も合わせてご視聴願います。



↓ タイムテーブル ↓

00:00 ~ 前置き
02:10 ~ 訂正部分
17:06 ~ 本編で紹介し忘れた補足パート
28:45 ~ おさらい ~ 締め
30:55 ~ ザコの心談書


カジ旅の実況をしていた当時から
ザコの動画をご覧になっていた方々にとっては
すっかりお馴染みの手法ですが、
初見の方からすれば
ボーナスマネーの概念が覆るような裏技です。

何せ「賭け条件」をクリアせずとも
ボーナスマネーの一部を誰でも簡単に
リアルマネーへと変換できるのですから…

より良い変換率を求めるのであれば
それ相応の知識と経験が必要ですが、
ボーナスマネーを「実体化」すること自体は
誰でも今日から実践することができます。

この記事は参考資料や応用の話も多く、
全てを吸収するには時間がかかります。

ご自身の理解度に応じて
長期的な学習、運用をお勧めします。

初見の方は
「実体化のしくみ」
だけでも理解できれば、ひとまずOKです。


↓ 動画内で表示したテキスト

【 仕込み & 回収 とは? 】

ボーナスマネーに設定されている

「賭け条件」を満たさずに
手っ取り早くリアルマネーへと
実体化する変換魔法。

どんな機種でも実行可能…というわけではなく
主に継続性のある
「蓄積タイプ」が対象となるため、
「機種の探索」&「期待値の比較」
を楽しめる研究者向けのスキルとも言える。

変換後のリアルマネーは
この手法を実行する前の
ボーナスマネーよりも減少することが多く、
利益の見積もりには
ある程度の知識と経験が必要。

対象機種サンプル

↓「Beautiful Bones」: Microgaming
BEAUTIFUL BONES

↓「Rage To The Riches」: Play'n Go
RAGE TO HTE RICHES

↓「Eye of The Kraken」: Play'n Go
⑧EYE OF THE KRAKEN ゲーム画面

↓「Tower Quest」: Play'n Go
⑧

Play'n Go に ありがちな
継続型のゲージタイプ…と言えば
一番分かりやすいですね。


【 注意事項 】

対象機種はボーナスマネーでのプレイが
禁止になっているカジノが多く、
仕込み&回収を目的とした入金には
事前にボーナス規約の確認が必須。

ボーナスマネー入手の機会と金額、
規約の制限等を総合的に考慮すると
この手法を最大限に活用できるカジノは
「 ➤ カジ旅 」 以外に存在しない。

※ カジ旅は禁止ゲームなしです。

【 実体化の手順 】


機能が発動する直前までのゲージを
ボーナスマネーで溜め、
別の機会にリアルマネーで発動させることにより
配当が実体化する仕組みになっている。


【 機種のバリエーションと特徴 】

対象シンボルの獲得状況によって
「回数表示」と「ゲージ表示」に分かれ、
それぞれボーナス発動までの
蓄積量は異なるものの、運用方法はどれも同じ。

たたし、対象シンボルの出現回数が
ベット額ごとにカウントされる
「個別管理タイプ」と
全てのベット額でカウントが統合される
「一括管理タイプ」が存在する。

この手法を用いる上ではメリットの多い
「個別管理タイプ」を選定するのが基本。
蓄積期間が異常に長い機種とは相性が悪く、
元々 期待値も不安定なことから
「一括管理タイプ」での実行は不満が絶えない…


【 個別管理タイプの特徴 】

対象シンボルの出現回数が
ベット額ごとにカウントされ、
モバイル版も併用することで
各ベット2回ずつの仕込み&回収が可能。

※ この項目に関して…
カジノごとに仕様が変更されつつあるようなので
謝罪と訂正の動画で確認願います。



【 一括管理タイプの特徴 】

対象シンボルの出現回数は
全てのベット額において
共有のカウンターが使用され、
機能発動時にコインバリューが
平均化されてしまうのが最大のデメリット。

ゲージが共有されていることから
回収のチャンスが1度きりであることに加え、
回収時にベット額を一気に引き上げたところで
平均化されたコインバリューへの影響力は
期待できない。

ある程度大きな金額で仕込まなければ
回収時に旨みがない上に
ワンチャンスの回収で失敗すると後ろ盾がない。

↓ 一括管理タイプの代表的な例は
Yggdrasil の Viking Go ~ シリーズ。

バイキング1

バイキング2
↑ 平均化されたコインバリューは
左下に表示されるのでコレが目印。
(めっちゃ単位が細かい!)

ただし、動画内でも説明している通り
コインバリューが平均化されるのは
「ゲージを溜めることで発動される機能」
に限ってのことなので勘違いしないように!

例えばスキャッター3つで獲得したFS等は
通常のコインバリューで配当が計算されます。


【 実体化に最適なカジノ 】


ボナスマネー単体の有効性において   
「 ➤ カジ旅 」 を超えるカジノは存在しない。  
唯一無二の「ボス戦」や
破格のFSが購入できる「ルビーストア」など
あらゆる状況から
リアルマネーを生み出せる仕組みが整っている。

仕込み&回収が可能な機種も多く導入されており、
「ボーナスマネーでのプレイは禁止」
といった制限もないことから
「実体化」を視野に入れた資金運用を楽しむには
最適なカジノと言える。

↓ 参考動画「カジ旅 VS ベラジョン」



【 初回入金ハントは無駄 】

各カジノで100%程度の初回入金ボーナスを狙い、
リアルマネーもろとも仕込んで
回収時の結果に全てを賭ける手法は危険。

挑むのであれば資金を増幅するスキル、
もしくはボーナスマネーの嵩増しが必須。
加えて機種の選定、ベットプランにおいても
ハイセンスな知識と技量が求められる。


【 最重要項目 】

仕込み&回収において
最優先に考えるべき項目は2つ。
高額、高機能な仕込みに重点を置き過ぎると
本質を見失いかねないので要注意!

1. 回収時のリスクを抑える

機能発動までに消費する金額を最優先に考え、
「より良い利益」以前に
「損失のリスク」を回避することが重要。
機種によっては機能の発動と引き換えに失う
「リスク」が命取りとなる。

2. 不透明な「質」よりも
実体として存在する「量」を重視する


どんな機種においても
回収時の期待値は不安定であり、
高額、高機能の仕込みが
必ずしも大きな利益を生むとは限らない。

「質」を重視した少数精鋭の仕込みよりも
回収の機会がより多く得られる
「量」を重視することで「後ろ盾」を確保しろ!


【 実体化の必要性 】

「実体化」のスキルは
全てのスロットプレイヤーに
必要不可欠なものではなく、
いかなる状況からでも
資金を再生できる賢者達にとっては
むしろ「無用の長物」である。

回収時の成果は元の資金を下回ることが多く、
仕込みに没頭することで
プレイスタイルが雑になりやすい…
というデメリットも挙げられる。

ただし、「実体化までの時間効率」と
「回収時に体感できる非現実的なギャンブル性」は
通常のプレイでは味わえない
特別な中毒性があるのは確かな事実と言える。

↓ 回収時の楽しさを知らない方は
こちらを参考に。。。



※ この動画はかなり後半のパートですが、
上部の再生リストを開けば
回収パートがいくつか出てくるので
他の回収パートも観てみたい方は
そちらも参考にしてみてください。

ただし、Excel の収支表を使っているのは
最後のパートだけなので あしからず。。。


【 まとめ】

実体化を自在に操るためには
ハイレベルなスキルが要求される。
プランニングにおいては
「知識」「経験」「探究心」
実戦においては
「判断力」「決断力」「精神力」
が必要不可欠と言える。

「賭け条件を満たすのが面倒だから…」
という怠けた思考で実践を繰り返したところで
得られる成果に向上は見込めない。

【 例外機種の紹介 】

仕込み時の基本は機能発動の直前まで
ボーナスマネーで溜める…
という説明をしましたが、
最低ベットで仕込みを完了させた後、
回収時には好きな金額にベットアップして
機能を発動させることができる機種も存在します。

WILD SWARM 1
↑ それが この「Wild Swarm」: Push Gaming

カジ旅にて800$弱の資金から
20000$オーバーまでの資金増幅に成功した
仕込み回収部門での最終兵器とも言える機種です。

この機種においては
ゲージの溜め具合を直前で止める必要はなく、
最低ベットでMAXまで溜めてしまってOKです。

この機種はゲージを溜めることで獲得できる
特別なFS =「大群モード」は
ゲージがMAXになった瞬間に発動するのではなく
その後の抽選によって発動時期が決定します。

加えて これまでの機種にはなかった
危険なカラクリが仕込まれていることから
一般的な仕込み&回収機より扱いは難しく、
これまでに多くの屍が積み上げられてきました。

「ゲージの溜め方が違う」
という意味で一応 紹介しましたが、
実戦に挑むのであれば
下の動画をご覧になった上で検討してください。



↓ 補足の動画も忘れずに!



【 機種の紹介:番外 】

例外として紹介した もうひとつの機種は
リアルマネー or ボーナスマネーの
どちらを使っているかによって
溜めるゲージ(この機種ではコイン)が
区別されているという珍しい機種です。

WIZARD SHOP1
↑ 「Wizard Shop」
こちらも Push Gaming の機種です。

ウィザード システム3
ウィザード システム4

WIZARD SHOP3
↑ FSはパラメータ振り分け式の
機能パワーアップ方式が採用されていますが、
ここで消費するコインが
リアルマネー用とボーナスマネー用で
区別されているのです。

ウィザード システム1
ウィザード システム2
↑ リアルマネーではゴールドコイン、
ボーナスマネーではシルバーコインとなるため
これまでの機種のように
ボーナスマネーでコインを溜めて
リアルマネーで発動ということができません。

仕込み&回収という手法に
初めて対策を講じてきた機種なのです。

一応、システムも一通り紹介しておきますね。

ウィザード システム5
ウィザード システム6
ウィザード システム7
ウィザード システム8
↑ パラメータに振り分けるために
消費するコインはベット額に依存しており、
上の写真は1$ベットの消費額となっています。

レベルを1つ上げるための消費量は

0.25$ =   25
1$   = 100

こんな感じです。

ベット額が高くなるにつれて
消費額も高くなってゆく…という仕様。

ただ、通常ゲーム中に獲得できるコインの数値も
ベット額が高い方が多くのコインを獲得できます。

どのベットでプレイしていても
バランスは変わらない、というわけですね。

しかし、ザコ式のプレイ方法では
この仕様を逆手に取って正攻法とは
少し異なるプレイスタイルで挑みます。
気になる方は動画をご覧ください。。。

因みに4つの項目の中で
最も破壊力がありそうなマルチプライヤー機能は
発動条件が厳しく、期待のし過ぎは禁物です。

その発動条件がこちら ↓
ウィザード システム14ウィザード システム15ウィザード システム16

この爺さんがフルスタックでハマった時にしか
マルチプライヤーが機能しません… (-_-;)
(縦長過ぎて ちょっと画像ちぎれたった…)

何度か試しましたが FSの間、
一度も発動せずに終わることも珍しくないので
コインが無駄になる可能性 大です。

全てをMAXにできない場合は
この機能を真っ先に捨てましょう。(/●ш●)/ ポイっ

WIZARD SHOP4
↑ 動画内でも紹介していますが
個人的にお勧めなのは堅実な宝箱です。

爺さんに無駄なコインを割り振るくらいなら
宝箱をMAXにして挑んだほうが
地味な安定感を得ることができるでしょう。

ウィザード システム12
ウィザード システム13
↑ スタック&マルチプライヤー仕様ということで
配当の倍率設定は 割と低めですね。

ウィザード システム9
ウィザード システム10
ウィザード システム11
↑ その代わりライン数は「50 」と かなり多いので
本当に爺さんのフルスタックがハマって
マルチプライヤー x 10 が発動したら
ヤバい配当が出そうですけどね。。。


【 絶対負けない禁断の裏技 リライト版 紹介 】

仕込み&回収 部門とは直接関係ありませんが
動画内で紹介しているので一応 載せておきます。

「マジカル☆にっき」でもお馴染み、
「ワイルドジャングルカジノ限定の裏技」を
記事としてリライトしました。

以前 公開していた動画よりも
詳しく解説しています。

このページでは
あえて細かい内容には触れませんので
気になる方は下のリンクから
ブログ内の記事をご覧ください。

➤ ワイルドジャングルカジノ限定!
絶対負けない「禁断の裏技」リライト版


以上で動画の内容は終わりになります。


とても長い記事になりましたが、
何よりもお伝えしたいのは
スロット入門書 本編の 59:55 から話している
「実戦する方へのメッセージ」という部分です。

この手法は簡単に実践できますが
突き詰めていくには深い探究心が必要不可欠。

テキトーに実践しているうちは
いつまでも運任せで不安定な結果になるでしょう。

機能発動後の配当は
誰も予測することができませんが、
損失の危険性や後ろ盾の確保を怠ると
プラマイゼロどころか
大きな損失に見舞われる機種も存在します。

カジノによって使える機種も異なることから
プレイヤーごとにプランも違って当然。

自身のプレイスタイルに見合った機種、
最善のプランを常に考察し、
長期的な改善を視野に入れつつ
検証を繰り返すことが重要です。

これより下は動画にはない内容になります。

今の私にとっては
リアルマネーもろとも…
という手法は使い道がありませんが、
代わりにメインで使うようになった手法は
100%程度のボーナスでも
十分 利用価値があると思っています。

これを使いこなせるようになれば
回収時の入金さえ必要なくなり、
登録しているカジノからのオファーが来る度に
仕込み&回収の機会が得られます。

先にリアルマネーの元取りをある程度確保し、
なるべくリアルマネーの下敷きになった
ボーナスのみで仕込みを行うことで
回収時の結果がどう出ようと
損失の危険性を高確率で回避できる手法です。

このブログの記事を全て読んでいる方は
既に知っていると思いますが、
まだ ご欄になっていないのであれば
仕込み&回収の新常識として
↓ こちらの記事も参考にしてみてください。

➤リアルマネーの下敷きになった
ボーナスマネーを有効活用する方法

カジ旅メインのプレイヤーにとっては
今後も仕込み&回収に挑む機会は多いと思います。

入金で得られたボーナスマネーを使うのか、
ボス戦で得られたボーナスマネーを使うのか、
購入したFSのボーナスマネーを使うのか…

ボーナスマネーと言っても
その入手経路や金額、
リアルマネーとの比率も様々でしょう。

その時々で
最善のプランニングを練り上げることが
「苦悩」から「楽しみ」に変わるその日まで
どうか検証と改善を止めないで欲しい…
そんな願いを込めて
このページを締めくくりたいと思います。

とても長い記事で読み疲れてしまいましたね。
お疲れさまでした。。。m(_ _)m


ザコの心談書
ザコの心談書 サムネ(ブログ用)

# 22.
「ガチムチ戦士は魔導書で殴るだけ…」

使い慣れない者に使い慣れない物を与えても
最初に覚えた自分勝手な使い方を繰り返すだけ…

「それ、違うから…」
そう指摘するのがザコの役割なのだ


# 22-2.
「怒られるのもザコの役割 … (ノД`)・゜・。」

配信を続けている限り
いつかまたザコってしまうでしょう…

ご指摘は感心あってこその行為だと思います。
そんな方が1人でもいてくれるだけで
ザコは幸せなのだ…


↓ 次のパートはこちら

➤ # 23. クリティカルキープについて




← スロット入門書 TOPに戻る



†-Brog Ranking-†
 ポチっていただけると
ザコ ☆ が喜びます♪
 ↓         ↓

† -カジノエリア - †

オンラインカジノはこちら
↓     ↓

zako☆
♰-おすすめカジノ-♰

↓ 新生インターカジノ ↓





↓ 40$もらえるカジ旅 ↓





↓ キャッシュバックなら ↓
カジノシークレット





↓ 現金主義ならパイザカジノ ↓

zako☆

↓ 裏技で必勝を狙うなら ↓
ワイルドジャングル

† - 最新記事 - †
♰ - メッセージ - ♰

ザコに「秘密のメッセージ」を 送りたい方はこちらからどうぞ

名前
メール
本文
♰ - メール - ♰
↓メールでのご連絡はこちら↓

eternalzako@yahoo.co.jp