2020年04月23日

【カジ旅】「RISE OF DEAD」720倍のULTRA BIG WIN!この機種は戦犯じゃないもん ♪(/●ш●)/♪


戦犯どころか
「Play'n Go」の中では優秀な機種です。


RISE OF DEAD 1
↑ 今日のお題はコレ。

いつリリースされたのかは もう忘れましたが、
そんなに古い機種ではありません。

タイトル
↑ 因みに この機種は見ての通り
よくある「ピラミッド系」です。

さて、そもそも なぜ今回の記事で
この機種を選んだのか? 

それは…

最近、動画で好き勝手な見解を展開している
「スロット入門書」の中でも
とりわけ大きな存在となっている「K氏」が
先日、「糞台対決」なる企画で
この「RISE OF DEAD」を打っていたからです。

対戦相手は同じ「Play'n Go」の
「RISE OF MERLIN」です。

こちらの機種については
最後のほうで少し触れることにして、
まずは「RISE OF DEAD」の
システムから紹介しましょう。

配当1
↑ リール1・3・5のみにスキャッターが出現。
3つ揃うとFS獲得というスタンダードなタイプ。

しかし、FS中は高配当絵柄が左から並ぶだけで
フルスタックに拡大する という機能に加え、
スキャッターが1つ出現するだけでも
スピン回数+2、しかも「上限なし」という
Play'n Go らしからぬ親切設計です。

これだけでも優秀な機種と言えますが、
通常ゲーム中にも嬉しい機能が。。。

配当2
↑ それがこの「神の贈り物」と呼ばれる機能で、
その名の通り神憑ったリカバリー性能を有する
通常ゲームの要ともいえる優秀な機能です。

1.Kフルスクリーン1

2.Kフルスクリーン2
↑ 時には開始早々のフルスクリーンで
100倍以上のファーストヒットも発生します。
もちろん、開始早々は稀ですけどね。。。

では、配当表とラインを見ていきましょう ↓

配当3
↑ 画面は 1$ ベットでの配当表です。

20ライン仕様なので
フルラインで配当が付くと
獲得額は上記の20倍になります。

「ワイルドのフルスクリーン = 2500倍」と
なかなかの倍率を誇っています。

最高位のファラオでも
一撃500倍の ULTRA BIG WIN!となります。

配当4
↑ 最低額のフルスクリーンは50倍、
「A」「K」なら100倍はもらえるので
リカバリー性能としては十分です。

3.439倍
↑ FS中は「黄金のスカラベ ワイルド」が
がっつりハマると一撃の威力は抜群!

4.522倍 1
↑ 高配当絵柄の中で一番ザコいコイツも
フルスクリーンで配当が付くと
一撃250倍なので貧弱な印象はありません。

4.522倍 2
↑ 1つ前の画像の 7スピン後、
こんな配置でリールが止まっても。。。

6.522倍 3
↑ 同じようにフルスクリーン扱いになるので
FS中は1スピン毎に楽しみが途絶えません。

FS中は同じシンボルが揃いやすい気がします。
気のせいかもしれませんが、
同じような体験を何度もしています。

最高倍率をもらった下の場面でも
同じ現象が発生しています。。。

7.720倍 1
↑ こちらが一週間ほど前に獲得した
最高倍率の紹介になりますが、
まずはスキャター連発でスピン回数が倍増。

13スピン目に
最高位のファラオが来ました!

8.720倍 2
↑ 一撃で500倍の ULTRA BIG  WIN !

9.720倍 3
↑ 中央にワイルドが当てこそ…ですが、
シンボルの連結数が12スタックと
結構長い列になっているので
ワイルドがハマってくれると熱いです。

10.720倍 4
↑ しかも… その後、
更に4カード x 20ラインをいただき。。。

11.720倍 5

12.720倍 6
↑ 更に更に4カード x 20ラインを獲得!
まさかのラスト2スピン連続でこの配当。

こちらは一撃100倍 x2で200倍…と
500倍と比べると若干控えめですが、
並みの機種の総合配当に匹敵する威力です。

13.720倍 7
↑ 最終結果は720倍 ♪(/●ш●)/♪

1000倍クラスの機種には及ばないものの、
Play'n Go としては破格の部類に入ります。

やはり500倍以上は出ても
1000倍には届かない。。。というのが
Play'n Go のポテンシャルなのでしょう。

14.720倍 8
↑ 今回のベットバランス、利益を
軽く紹介しておきましょうか。。。

打ち始めの資金は約2000$。

上記のファイナルが発生した
スピン回数は1600回目の周期で
最大降下倍率は500倍程度でした。

400倍落ちまで回復した後だったので
ちょっとラッキーだったと思います。

開始時のベットバランスは2000分の1で
想定した損失はマイナス500$まで。

ただし、これは500倍落ち…
という意味では ありません。

最大スピン回数は5000回程度で
最大降下倍率は1000倍を想定、
そこからのリカバリーで
マイナス500倍の損切りを見据えています。

You Tube の「スロット入門書」を
ご覧になっている方々は
この計算式、分かりますよね?

ザコの撤退は常に90% … とすると
1$ベットなら1000回転でマイナス 100$。

つまり5000回転なら
マイナス 500$… ということです。

実況をしていた頃から言っていますが、
長期戦に挑むのであれば
ベット額の設定は最低500分の1。

Play'n Go なら1000分の1ぐらいはないと
氷河期の先にあるファイナルを待ちきれず、
一番大きくヘコんだ状態で
損切りを決断する羽目になるかもしれません。

500倍落ちは 当たり前。
Play'n Go を打つなら これは「常識」です。

短期で止めるなら
そもそも「打ち込まない」のが鉄則。

今回、K氏の動画に合わせて
この記事を上げた理由は そこにあるのです。

「Play'n Go 対決」
という企画は面白そうでしたが、
あの挙動はK氏が不運だったとも言えます。

例えば…
もし私が あの動画と同じベットバランスで
「RISE OF DEAD」を打ち始めたとして、

スピン回数1000回程度の中期戦、
尚且つ「対決方式」ではなく
「単機」で普通に勝負するなら
6スピン目で切断しています。

ただし、ベットバランスと
想定するスピン回数が違えば
何の躊躇もなく特攻しているでしょう。

この違い… 解りますか?

次回の「スロット入門書 Part 21 」では
最もオカルトと言われるであろう
この「見切り」についてのお話です。

一番 賛否が分かれるジャンルなので
興味がなければ見なくても良いでしょう。

…っと 話題がちょっとズレそうなので
元に戻しましょう。。。

珍しく動画とリンクした
宣伝まがいの記事になりそうでしたが、
今回 一番伝えたかったのは
「RISE OF DEAD」という機種が
決して「戦犯」という位置付けではなく、
私にとっては むしろ
Play'n Go の中でも
「屈指の名機」であるということ。

通常ゲームでの機能、FS中 共に
フルスクリーンが発生しやすい機能に加え、
スキャッター1つで上乗せ2回 & 上限なし…
という Play'n Go では珍しい
「神仕様」といっても過言ではありません。

Play'n Go と言えば
カジ旅の実況を見ても分かる通り
あらゆる「リミット」が付きまとう
鬱陶しい仕様の機種が多いゲームプロバイダー。

もっと言うなら
パクリ&劣化版とも言える
しょうもない機種が多いのも特徴です。

本家の爆裂仕様を
バランスよく調整したつもりなんでしょうけど
個人的な視点で評価すると それらの機種は全て
打つ価値のない「ゴミ同然」の完成度です。

位置付けはあくまでも「遊び台」であり、
「勝負台」として高倍率を狙っても
「天壌は たかが知れてる…」というのが現実。

破壊力は「並み」なのに
最大降下倍率は「超一流!」
そんなイメージを持っておくと
良いかもしれません。

大きな金額を突っ込んで
「並み」の配当を狙うのであれば
それなりに大きな金額になるかもしれませんが
もっと低いベット額で
同じ配当を狙える機種があるのに
あえて「ベット額」から
無茶をする必要はないと思いますけどね。。。

因みに…
私の中ではK氏の対決動画で登場した
対戦相手「RISE OF MERLIN」のほうが
「RISE OF DEAD」に比べると貧弱で
イマイチな仕様だと思っています。

ミステリースキャッターの対象が
増えるのは良いのですが
それと引き換えに基本のスピンが8回となり、
上乗せが発生しないFSの不安定さは
本家の「BOOK OF DEAD」にも増して
波の荒さに表れてきます。

20%の劣化は決して軽視する値ではなく、
上乗せの発生率を考えても
8回縛りでハマった時の降下速度は
本家よりも早くなる場合があります。

加えて「上乗せ分も8回」という点から
3~4回の FS に1回 くらいの割合で
上乗せが発生したところで
あまり「お得感」は得られません。

「本家よりも安定感がある」という
レビューを目にする機会もあると思いますが、
氷河期の期間やリカバリーの周期を考慮すると
「8回縛りのゴミ配当」で停滞している期間は
むしろ本家よりも降下倍率が
加速する危険性を秘めています。

後継機というのは
大抵「より良く」なるものですが、
それはあくまでも表面上であって
その実態は
「重点移動によるバランス調整」であることが
ほとんどだと思っていた方が安全です。

FS の破壊力を高めた代わりに
通常は貯金箱モードになったり、
通常でコイン持ちが良くなった代わりに
爆発もしない永久ジリ貧仕様になったり。。。

実際に打ち込んでみないと
細かい仕様の評価はできないのは事実ですが、
根本的な固定概念を教えましょう。

それは
「欠点のない万能機種なんて絶対ない!」です。

どんなに勝ちやすいと思える機種でも
必ず巧みに仕掛けられた「罠」が潜んでいます。

「戦績の良い機種」
に出会ってしまった時こそ
その「罠」を探るべく
己の警戒心を最大限に開放してください。

常に神経を研ぎ澄ませ、安定の裏に潜む
「闇 設定」に反応する習慣を身に付ければ
せっかく積み上げた大事な勝利を
無に返すような勝負を挑むこともなくなります。


。。。。


何の話をしてたんだっけ…?

精神論が過ぎたので終わります。

次回の「スロット入門書 Part 21 」で
似たようなことをお話するかもしれませんので
あしからず。。。

あ、あと… いつもながら
カジ旅ミラクルに乾杯! ( ●ш●)ノ♪





➤「カジ旅」の登録はこちら
(新しいブラウザでカジ旅TOPを開きます)

こちらからの登録で入金前に
40$のボーナスマネーをもらえます。

※入金時にもらえるボーナスとは別物です。
    登録が完了した時点で自動進呈されるので
    サポートへ連絡する必要もありません。




← カジノエリア TOP に戻る


← TOPページ に戻る







†-Brog Ranking-†
 ポチっていただけると
ザコ ☆ が喜びます♪
 ↓         ↓

† -カジノエリア - †

オンラインカジノはこちら
↓     ↓

♰-おすすめカジノ-♰

↓ 新生インターカジノ ↓





↓ 40$もらえるカジ旅 ↓





↓ キャッシュバックなら ↓
カジノシークレット